宮城の日本酒専門店【松島むとう屋】日本酒ギフト通販サイト ~笑う酒には福来たる~
お酒は20歳になってから。未成年の飲酒は法律で禁止されています。

5%還元10,000円以上で送料880円(全国一律)

 

萩の鶴 純米大吟醸生原酒 隠し酒 限定100本【かわら版111号掲載品】

価格: ¥3,300 (税込)
数量:
容量在庫購入
720ml在庫切れ

「搾った後の熟成」、これがこのお酒の極上の仕上げ

日本酒の熟成は、酒造りの一部のように思います。ベストな「生熟成」は、忘れられなくなります。萩の鶴さんの「生熟」にハマり、早10年以上。みずみずしさ残して熟す。これってすごいことです。搾ってすぐに無傷な状態で瓶詰してくれるからこその旨さ。濃い旨です。むとう屋限定プレミアム純米大吟醸生原酒、解禁。

(萩野酒造 杜氏:佐藤善之さんからメッセージ)
このお酒は、もともと爽やかな果実のような香りを出すようにしています。加えて早い瓶詰のおかげでガス感があり、とても若々しく仕上げてあります。このガス感が天然の酸化防止剤のような役割になり、とてもフレッシュな状態が続きます。開栓後は徐々にガスもぬけて「こなれる」「なじむ」という感じに。こうなると少しとろっと柔らかく感じてくるのでしょう。若々しい生熟成。蔵内での生酒の熟成は温度も低いので若い状態かもしれませんが、お酒は生きていますので、お客様のもとで「こなれて」くるとより熟成感もついてくるかと思います。開封してからの変化、幾重にも楽しみのあるお酒です。

【文責】むとう屋 佐藤華子(華ちゃん)

商品スペック

蔵 元 :
萩野酒造
杜 氏 :
佐藤 善之
酒 質 :
純米大吟醸
原料米 :
美山錦
精米歩合 :
40%
日本酒度 :
+2
アルコール度数 :
16度
配送種別 :
冷蔵

蔵元紹介

萩野酒造(はぎのしゅぞう)宮城県栗原市

萩野酒造さんといえば、浮かんでくるのは家族の顔。有壁に住む人たち、蔵の横に流れる有馬川、とんぼや虫がいっぱいの田んぼ、山々に囲まれ、風景そのものがお酒になっているような気がします。創業1840年。栗原市金成は、旧奥州街道の宿場町。歴史の香りがする町で酒造りを繋ぐのは、探求心旺盛な佐藤兄弟。蔵元で兄の曜平さんは、蔵のトップセールスマン(笑)彼がなにかをすれば、自然と笑みがこぼれる。杜氏の弟・善之さんは、物静かだが、内に秘めた探求心がすごい。シャキッとした米味、シュワシュワッとガス感を感じる日本酒のクオリティの高さ、今では萩野酒造の代名詞。瓶詰のスピードも普通じゃない。なるべく空気に触れない無垢無傷の状態で超スピードで瓶詰する。だから発酵のガス感ものこり、火入れ酒だとしても、生酒よりもフレッシュな火入れ酒になる。一方で、熟成の強みも。何年かの熟成を越えた時の純米大吟醸の旨さは忘れられない。当店限定「父子二代酒」の生熟酒も、熟成とみずみずしさが感覚に届いてくる感動もの。萩野酒造のお酒は、心に残る。

むとう屋のこだわり

  • 宮城の酒蔵が
    造った日本酒のみ!

    宮城・松島「むとう屋」の日本酒は、宮城県の酒蔵さんが造った日本酒のみです。「顔が見える日本酒」を大事に売っていきたいという店主とスタッフの思い。宮城にはたくさんいい酒蔵さんがたくさんあって、本当誇りに思います。いい水、いい米、いい人たちが繋がっています。

  • 蔵元と造り手の
    気持ちを大事に!

    日本酒は農産物です。どんなに同じ原料を使っても、毎年の気候や気温、お米の状態や水の状態、ほんと同じ答えがなくて、杜氏さん蔵人さんにとって、キセキで生まれる一本はないんだなとしみじみ感じます。思いと経験。それが1+1が何倍にもなる。だから大事に伝えたいなと、いつも思っています。

  • 楽しく、おいしく
    飲んでください!

    難しく考えないで、これ美味しい!これが自分に合うなーみたいな、今日のごはんおいしいなーみたいな雰囲気を楽しむのが一番幸せだなって思います。日本酒を造った人の顔やそのとき大変だったこと、上手くいった事とかを知ると美味しさひとしお。かたちにとらわれず、楽しく飲んでください、ぜひ。

季節による日本酒の特徴

季節による日本酒の特徴

※日本酒ごとに違いがありますので、特徴の一つとしてご参考ください

商品をさがす

価格でえらぶ

宮城の蔵元でえらぶ

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<わ行>

むとう屋SNS

最新情報をいち早くお知らせ!

店舗情報・お問い合わせ

【創業昭和21年】
「宮城の日本酒」専門店
株式会社むとう屋

むとう屋
宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂23

022-354-3155

【店舗営業時間】 9:00~18:00

ページトップへ