宮城の日本酒専門店【松島むとう屋】日本酒ギフト通販サイト ~笑う酒には福来たる~
お酒は20歳になってから。未成年の飲酒は法律で禁止されています。

5%還元10,000円以上で送料880円(全国一律)

 
  • ランキング1

天上夢幻 H30BY 山田錦大吟醸 出品年タンク瓶詰酒(18本限定)

価格: ¥2,970 (税込)
数量:
サイズ在庫購入
720ml在庫切れ

蔵元が隠し持っていた秘蔵の出品年タンク瓶詰酒。ラベルは蔵元直筆

今年はコロナでの大打撃は、どの蔵も避けられません。ただ、一からまたコツコツと積み上げていこうと、中勇酒造店さんも後ろを振り向いてはいません。むしろ強い決意を感じます。

(以下、蔵元 中島崇文さん談)

このお酒について。昨年のSAKE COMPETITION2019に出品した正にそのもの、出品年のタンクの瓶詰品です。当社社長が隠し持っていた最後の在庫(正直にいいますと冷蔵庫の隅に置き忘れいていた在庫)が18本だけありました。今年の大吟醸も当然自信をもって昨年以上と言える一品を出荷しておりますが、敢えて、違いを語るとすれば、良い意味でのスッキリ感、どんな食事と合わせても主張し過ぎない寄り添うような口あたりが、昨年のロットでは表現できていたのかなと思います。その酒がさらに1年を経てどのような進化を遂げているのか。これは飲んだ方のみぞ体験できる至極の味わいとなるでしょう。
また、今期の酒造りに向けて、醪の冷却設備(チラー)の増強を10月に行う予定です。昨年の冬は異常気象と言いますが、全く雪が積もらない異例の環境の中で、特に1月はほぼ24時間体制で醪を冷やす冷却管に氷を入れ続ける毎日でした。昔ながらの自然環境を利用した酒造りにおいては、今の設備では品質維持に限界を感じる部分もあり、今年も暖冬となった場合に備え、醪を冷やす能力を約2倍に増強する想定です。やはり、長期低温発酵によるスッキリとした爽やかな味わいが、県全体で長年技術を培ってきた宮城のお酒のひとつの大事な個性であると思いますので、そこは自然環境に負けず、コロナに負けず、苦しいですが、メーカーとして確実に品質を上げていくため必要不可欠な投資なんだと自分に言い聞かせています。
そのような状況でございますが、今後共日頃よりご愛飲頂いているお客様のために、次期の酒造りも丹精込めて1タンク1タンク醸していく所存です。

【文責】むとう屋 佐藤華子(華ちゃん)

商品スペック

蔵 元 :
中勇酒造店
杜 氏 :
上野 和彦
酒 質 :
大吟醸
原料米 :
山田錦
精米歩合 :
40%
日本酒度 :
+1
アルコール度数 :
15度以上16度未満
配送種別 :
冷蔵

蔵元紹介

中勇酒造店(なかゆうしゅぞうてん)宮城県加美郡加美町

中勇酒造店は、時代を読む。漫画レモンハートでも紹介された吟醸原酒ブームの火付け役となった「夢幻吟醸原酒」。「角瓶ボトルで飲みたい」という熱き世代のファンたち。30年以上前ウイスキーブームの時に、日本酒もロックで飲めないかと考えた先代が、商品化したもの。角瓶の武骨なスタイル、ロックな雰囲気漂わせたお酒。決してガツガツと向かっていく蔵ではない。むしろ慎重に謙虚だ。時代を読んで、どうやったら自分たちの日本酒を飲んでもらえるか、自分達らしさを忘れず独自に掘り下げてきた酒蔵。本醸造も大吟醸もすべて限定吸水で小さな仕込。うちでオリジナルで造ってもらっている「黒板ラベル」。酒の醸造工程の手描き作者は、蔵元。「書」という分野に懐深い方でもある。蔵の超人気の一本、蔵人の手詰めで行われる「天上夢幻濁り酒」は、ろ紙で濾して、なんともきめ細やかな上質な甘み。絶品。今、息子の崇文さんが蔵に戻ってきて新たな中勇の歴史が始まっている。気持ちのいい人柄、フットワークの軽さに信頼が厚い。彼がチャレンジした「花ノ文」シリーズ。ラベルも自分が書いた書体。自分の原点を忘れないようにと自分に課した課題の日本酒だ。合掌作りで出来ている石倉の壁の内側にはご神体がまつられており、神棚、杉玉、塩、お神酒。毎日ちゃんと掃除する。そういうことを大事にしてきた歴史の積み重ねが今こうして「中勇酒造店」の新たな道を開いている。

むとう屋のこだわり

  • 宮城の酒蔵が
    造った日本酒のみ!

    宮城・松島「むとう屋」の日本酒は、宮城県の酒蔵さんが造った日本酒のみです。「顔が見える日本酒」を大事に売っていきたいという店主とスタッフの思い。宮城にはたくさんいい酒蔵さんがたくさんあって、本当誇りに思います。いい水、いい米、いい人たちが繋がっています。

  • 蔵元と造り手の
    気持ちを大事に!

    日本酒は農産物です。どんなに同じ原料を使っても、毎年の気候や気温、お米の状態や水の状態、ほんと同じ答えがなくて、杜氏さん蔵人さんにとって、キセキで生まれる一本はないんだなとしみじみ感じます。思いと経験。それが1+1が何倍にもなる。だから大事に伝えたいなと、いつも思っています。

  • 楽しく、おいしく
    飲んでください!

    難しく考えないで、これ美味しい!これが自分に合うなーみたいな、今日のごはんおいしいなーみたいな雰囲気を楽しむのが一番幸せだなって思います。日本酒を造った人の顔やそのとき大変だったこと、上手くいった事とかを知ると美味しさひとしお。かたちにとらわれず、楽しく飲んでください、ぜひ。

季節による日本酒の特徴

季節による日本酒の特徴

※日本酒ごとに違いがありますので、特徴の一つとしてご参考ください

商品をさがす

価格でえらぶ

宮城の蔵元でえらぶ

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<わ行>

むとう屋SNS

最新情報をいち早くお知らせ!

店舗情報・お問い合わせ

【創業昭和21年】
「宮城の日本酒」専門店
株式会社むとう屋

むとう屋
宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂23

022-354-3155

【店舗営業時間】 9:00~18:00

ページトップへ