宮城の日本酒専門店【松島むとう屋】日本酒ギフト通販サイト ~笑う酒には福来たる~
お酒は20歳になってから。未成年の飲酒は法律で禁止されています。

5%還元10,000円以上で送料880円(全国一律)

 

【かわら版116号掲載品】萩の鶴 山田錦 純米大吟醸 生原酒~約2年ぶりの隠し酒~

価格: ¥3,300 (税込)
数量:
容量在庫購入
720ml在庫わずか

萩野酒造さんの『生熟酒』は、記憶に残る、ため息もれる、また飲みたくなるの三拍子。

今回、ものすごく良い出来と自慢したくなります。
生酒の温度管理はとてもシビア。ましてや純米大吟醸なんて一刻も早く火入れをしたくなるんです。でも、このお酒は生のままでお出しする事にしました。しっかりとした温度管理の元でキレイに熟成させる事が出来たので、何とも言えない広くて深い、独特の世界観を持ったお酒に変身してくれました。
冬にしぼったお酒を、生原酒を熟成。今回、なんと鑑評会出品酒をとっておく特別な冷蔵庫があって、マイナス5度の環境と同じ場所で寝かせました。
日本酒を熟成させる温度は「-3度」と「-5度」では、進むスピードがちがうそうです。
シャキっとしたフレッシュな生熟、とろける香り旨味はすばらしい!

「今はそろそろ始まる酒造りの製造計画を立てて、仕込みの準備をしたり、敷地の草とりをしたり。今回のこのお酒、よかったんです、とても。」
話す杜氏善之さんの笑顔が自信の表れです。

【文責】むとう屋 佐藤華子(華ちゃん)

商品スペック

蔵 元 :
萩野酒造
杜 氏 :
佐藤 善之
酒 質 :
純米大吟醸
原料米 :
山田錦
精米歩合 :
40%
日本酒度 :
アルコール度数 :
16度
配送種別 :
冷蔵

蔵元紹介

萩野酒造(はぎのしゅぞう)宮城県栗原市

萩野酒造さんといえば、浮かんでくるのは家族の顔。有壁に住む人たち、蔵の横に流れる有馬川、とんぼや虫がいっぱいの田んぼ、山々に囲まれ、風景そのものがお酒になっているような気がします。創業1840年。栗原市金成は、旧奥州街道の宿場町。歴史の香りがする町で酒造りを繋ぐのは、探求心旺盛な佐藤兄弟。蔵元で兄の曜平さんは、蔵のトップセールスマン(笑)彼がなにかをすれば、自然と笑みがこぼれる。杜氏の弟・善之さんは、物静かだが、内に秘めた探求心がすごい。シャキッとした米味、シュワシュワッとガス感を感じる日本酒のクオリティの高さ、今では萩野酒造の代名詞。瓶詰のスピードも普通じゃない。なるべく空気に触れない無垢無傷の状態で超スピードで瓶詰する。だから発酵のガス感ものこり、火入れ酒だとしても、生酒よりもフレッシュな火入れ酒になる。一方で、熟成の強みも。何年かの熟成を越えた時の純米大吟醸の旨さは忘れられない。当店限定「父子二代酒」の生熟酒も、熟成とみずみずしさが感覚に届いてくる感動もの。萩野酒造のお酒は、心に残る。

むとう屋のこだわり

  • 宮城の酒蔵が
    造った日本酒のみ!

    宮城・松島「むとう屋」の日本酒は、宮城県の酒蔵さんが造った日本酒のみです。「顔が見える日本酒」を大事に売っていきたいという店主とスタッフの思い。宮城にはたくさんいい酒蔵さんがたくさんあって、本当誇りに思います。いい水、いい米、いい人たちが繋がっています。

  • 蔵元と造り手の
    気持ちを大事に!

    日本酒は農産物です。どんなに同じ原料を使っても、毎年の気候や気温、お米の状態や水の状態、ほんと同じ答えがなくて、杜氏さん蔵人さんにとって、キセキで生まれる一本はないんだなとしみじみ感じます。思いと経験。それが1+1が何倍にもなる。だから大事に伝えたいなと、いつも思っています。

  • 楽しく、おいしく
    飲んでください!

    難しく考えないで、これ美味しい!これが自分に合うなーみたいな、今日のごはんおいしいなーみたいな雰囲気を楽しむのが一番幸せだなって思います。日本酒を造った人の顔やそのとき大変だったこと、上手くいった事とかを知ると美味しさひとしお。かたちにとらわれず、楽しく飲んでください、ぜひ。

季節による日本酒の特徴

季節による日本酒の特徴

※日本酒ごとに違いがありますので、特徴の一つとしてご参考ください

商品をさがす

価格でえらぶ

宮城の蔵元でえらぶ

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<わ行>

むとう屋SNS

最新情報をいち早くお知らせ!

店舗情報・お問い合わせ

【創業昭和21年】
「宮城の日本酒」専門店
株式会社むとう屋

むとう屋
宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂23

022-354-3155

【店舗営業時間】 9:00~18:00

ページトップへ