宮城の日本酒専門店【松島むとう屋】日本酒ギフト通販サイト ~笑う酒には福来たる~
お酒は20歳になってから。未成年の飲酒は法律で禁止されています。

5%還元10,000円以上で送料880円(全国一律)

 

【破損分解放!!最初で最後の限定品】海中熟成 純米大吟醸 宝船浪の音~underworter storage~海のゆりかごで熟成、もはや浪漫でしかない。パイレーツ日本酒!!!

価格: ¥8,980 (税込)
数量:
容量在庫購入
720ml(当店限定60本)在庫切れ

母なる海が特別な何かをもたらしたお酒だなと、思わず想像していまいます。海中熟成の純米大吟醸雄町。

「海から引き揚げたそのままの姿で」森林は河川を通じて海につながり、山からの水の流れによって栄養分や有機物が海に注がれていく。海は自然の恵みの宝庫。宮城県女川の海で熟成された、女川の海を感じる特別な日本酒です。正直、蔵元の想いだけを前面に伝えたくなる、そんなお酒です。海の中はまだまだ未知の世界。そして日本酒もまだまだ未開拓ゾーンがたくさんある。海と波と人と。このお酒にどんな変化をもたらすか未知数。母なる海が特別な何かをもたらしたお酒だなと思わず想像していまいます。

【蔵元メッセージ】海中熟成 純米大吟醸 宝船浪の音について
このお酒は宮城ダイビングサービス ハイブリッジのダイバーのみなさま、女川町竹浦の漁師のみなさまの力をお借りし、豊かな漁場である女川の海へ丁寧に丁寧に沈められ、春先から半年弱の間(時期的に)美味しいウニ、ホヤ、ホタテと共に育ったものになります。引き上げ時、海底では酒箱が入った大籠が漁礁になっていたのか、メバルにギンポ、ドンコにザラ貝、ナマコらが住んでおり、それを見て「宝船浪の音は魚も大好きなんだな」と思わず笑ってしまいました。海から揚がった酒瓶には多くの海中の名残、とりわけフジツボが多く付着していました。一本一本、張り付く場所、大きさ、密度が違う、宮城の海が生み出した意匠です。
海中での貯蔵ということで考えうる保存対策を講じて参りましたが、酒瓶によっては潮の流れ、水圧など物理的作用による封蝋の裂け、またフタ部に付着物が散見されました。開封、抜栓しての洗浄、再打栓も考えましたが、「これが宮城、女川の海で育った酒である」といったことを感じて頂きたく、敢えて瓶表面の洗浄のみとし「海から引き揚げたそのままの姿」でお届けすることに致しました。それゆえに、お酒によっては包装を解いた時に磯の香り感じるものがあるかもしれません。瓶内部のお酒の品質には問題がございませんが、開栓の際は、フジツボなどの付着物で手を痛めないよ う十分にご注意頂き、封蝋、蓋と瓶を止めるテープを剥がし、また瓶口まわりをしっかりと拭き取り、酒器に移してお飲み頂きますようお願い申し上げます。では、宮城の海で完成した【海中熟成 純米大吟醸 宝船浪の音】を、宮城の旬と共にゆっくりとお楽しみ下さい。

※ 開栓時の注意点
● フジツボなどの付着物で手を痛めないように十分ご注意ください。
● 赤い封蝋に続き、蓋と瓶を止める強力粘着テープを丁寧におはがし下さい。
● 抜栓後は、瓶口まわりをしっかりとふき取り、酒器に移してお飲みください。

【文責】むとう屋 佐藤華子(華ちゃん)

商品スペック

蔵 元 :
佐々木酒造店
杜 氏 :
佐々木 淳平
酒 質 :
純米大吟醸
原料米 :
雄町
精米歩合 :
45%
日本酒度 :
非公開
アルコール度数 :
16度
配送種別 :
冷蔵

蔵元紹介

佐々木酒造店(ささきしゅぞうてん)宮城県名取市

港町の名取市閖上に明治4年創業の酒蔵・佐々木酒造店が蔵を構えています。2011年3月11日の東日本大震災で蔵は津波により壊滅的な被害を受けました。ようやく少しずつ復興の兆し。2019年10月1日「日本酒の日」に、以前と変わらぬ閖上の地で新蔵が完成し、再出発をしました。兄の洋さんは造りと外への伝導役を、弟の淳平さんは杜氏として兄弟力を合わせて受け継がれた佐々木酒造店の歴史を守っています。東日本大震災を機に、佐々木兄弟の生まれた地域・閖上への想いはより深まり、前よりももっともっと閖上を発信しようと決意をもちました。セリ農家から水をわけてもらい仕込水に。セリは綺麗な水じゃないと育たない。とてもいい水。お酒は水が命です。震災後に新たな日本酒「玲瓏(れいろう)」は、蔵に今までにない味わいで優雅な香りと口当たり。地元名取のお米で仕込んだ純米酒「閖」や、米と麹の香りが柔らかな味わいの「浪庵(ろあん)」は心に残る一本。震災という言葉は、この蔵にとってずっとついてまわる言葉かもしれません。けれど、それを受け入れ、確実に前を向き、自分からどんどん名取市閖上を発信していく姿は、なんだかとても熱くなるものがあります。楽しみな蔵です。

ギフトラッピングについて

むとう屋のこだわり

  • 宮城の酒蔵が
    造った日本酒のみ!

    宮城・松島「むとう屋」の日本酒は、宮城県の酒蔵さんが造った日本酒のみです。「顔が見える日本酒」を大事に売っていきたいという店主とスタッフの思い。宮城にはたくさんいい酒蔵さんがたくさんあって、本当誇りに思います。いい水、いい米、いい人たちが繋がっています。

  • 蔵元と造り手の
    気持ちを大事に!

    日本酒は農産物です。どんなに同じ原料を使っても、毎年の気候や気温、お米の状態や水の状態、ほんと同じ答えがなくて、杜氏さん蔵人さんにとって、キセキで生まれる一本はないんだなとしみじみ感じます。思いと経験。それが1+1が何倍にもなる。だから大事に伝えたいなと、いつも思っています。

  • 楽しく、おいしく
    飲んでください!

    難しく考えないで、これ美味しい!これが自分に合うなーみたいな、今日のごはんおいしいなーみたいな雰囲気を楽しむのが一番幸せだなって思います。日本酒を造った人の顔やそのとき大変だったこと、上手くいった事とかを知ると美味しさひとしお。かたちにとらわれず、楽しく飲んでください、ぜひ。

季節による日本酒の特徴

季節による日本酒の特徴

※日本酒ごとに違いがありますので、特徴の一つとしてご参考ください

商品をさがす

価格でえらぶ

宮城の蔵元でえらぶ

<あ行>

<か行>

<さ行>

<た行>

<は行>

<ま行>

<や行>

<わ行>

むとう屋SNS

最新情報をいち早くお知らせ!

店舗情報・お問い合わせ

【創業昭和21年】
「宮城の日本酒」専門店
株式会社むとう屋

むとう屋
宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂23

022-354-3155

【店舗営業時間】 9:00~18:00

ページトップへ